その他

【更新】友人が新型コロナウイルスの感染に直面している話

この記事は2020年4月15日に書いたものに途中追記をしています。
気になっている方もいらっしゃるかと思います。
※これはLINEで連絡を取り合っている立場からの内容です。

4月15日公開時の内容

私の友人の会社では先日、身近に新型コロナウイルス感染者が発見されました。
そして逐一報告を受けていた友人の経緯と、思ったことを書きたいと思います。

まず私が言いたいのは、感染者のせいにはしたくないということ。
手洗いも消毒もマスクもきちっとしていても感染している人がたくさんいます。
決してその人が発生源ではなく、その人もまた別の誰かからもらっていることだけは確かです。

ここで私の友人のことを書きます。

4月〇日 社内同フロアのAさん、体調不良の欠勤が続く。
4月〇日 Aさんの身内に感染者が出たことが社内で発表される。
4月〇日 このころ社内で多数の人が風邪で欠勤する。
4月〇日 友人の隣のデスクの同僚Bさんが風邪で休む (症状は咳と倦怠感と熱)。
4月〇日 会社は休業にならず、欠勤は風邪扱い。

4月28日追記

4月〇日 同僚Bさんが回復し、出勤。
4月〇日 現在はBさん友人ともに不安を抱えながら出勤。

5月1日追記

4月○日 同僚Bさんが再び風邪で休む。(前回PCR検査は受けられず原因不明)

5月〇日 同僚Cさんが腹痛で欠勤、PCR検査を受ける。(受ける資格を得た)←いまここ

まず、舞台は都内の山手線内の会社です。友人も都内在住です。
路線は千葉県も関わりますが、印西市に関係する路線、常磐線、千代田線、成田線、京成線、北総線、都営浅草線、京急線は関係ありません。

4月15日公開時の内容

同僚Bさんについて
・年齢は20代。
・実家暮らしでおじいちゃんおばあちゃんがいるので、早い段階から手洗いマスクなどかなり気を使っていた。
友人同僚Bさんと一緒に車で同行していた。
友人の親は別の病で病院通いしている。

友人は現在は体調が良いため、朝通勤ラッシュもさほど変わらない状況の中、いまだに出社しています。というか出社せざるを得ない立場。

こういう状況を見て私はやりきれなくなりました。
そして感染していないことを願うだけ。
その路線は少なくとも感染の可能性がある人が毎日乗っていること。

4月28日追記

あれからもうすぐ2週間。
同僚Bさんが出勤したという連絡がきたとき、検査したの?大丈夫なの?
一度平熱になってまた熱が出てパターン多いよ!といったのですが、どうやらそのまま復活した模様です。

熱と咳と倦怠感でも普通の風邪だったのか・・それとも若いから切り抜けたのか・・。
同僚Bさんが周りに気遣い風邪だとしても元気だとしても感染させない努力をしていたからなのか・・。
しばらく様子を見ていましたが、毎日接触している友人にも今のところ何もなさそうなので良かった。

5月1日追記

再び同僚Bさんは風邪でダウンしたようです。
一番怖いのは同僚CさんがPCR検査を受けたとの連絡がきました。PCR検査はこの時期ですとかなり的を絞っているはずです。
詳細を聞いていますが、この件の話はしばらく時間をおいて更新します。

 

友人は相変わらず不安でいっぱいだそうです。
友人にも家族がいて、持病を抱えた親がいます。
このウイルスは平気な人が8割と言われていますが、基礎疾患が見つかっていない若い人でも重篤になっているケースがあります。それも急に。
なってみないとわからない。

こんな切迫した内容の記事を読んで、最後はなんでもなくてなーんだ。と思うことを願います、結果それが良いかと思います。

 

こういった経緯での感染がどこから来るかわかりません。軽い症状の人からきているかもしれませんし、症状の出にくい人からきているかもしれません。
だけど、感染したらほぼ確実に重症になるだろうという人はたくさんいます。
このウイルスについては世界中の誰もが断定できる言葉は使えないほど未知なものです。

毎日、家と仕事場を車で往復しているだけの人だって感染しています。

だから、感染者を責めるような空気にだけはなってほしくないです。

いまは誰が保菌者かわかりません。
日本各地で「どうせ大丈夫だから」という意識から集団感染しているケースも見受けられます。
ただ、そういうケースではない場合も多いです。

私の家族には医療従事者がいるし、リスクを抱えている身内もいます。

余裕のある人が家事も奥さんに任せ、一括りで「家にいよう」とだけいうのは簡単。
国民1人1人にはいろいろな事情を持った人がいるのです。

とにかく意識して気遣いあいましょう。
(なにをえらそうに。)

以上です。