印西で子育て

雨の日や寒い日暑い日に小さな子どもを遊ばせられる印西市周辺のスポット

ああ、今日は雨だねぇ。せっかくだけど外では遊べないよ。
「いや!」「ながぐつぅ!」「あそぶぅ!」
寒い日、暑い日、そして雨の日は小さなお子さんがいるお母さんお父さんは憂鬱。
子どもたちは雨も寒い日もへっちゃら。そして暑い日は知らぬ間に熱中症にかかってしまうのではないかとハラハラ。

そんな時にインターネットでおすすめを検索しても有料の一大施設しか出てこない!
「お金払って行きなよ」という声も聞こえてきそうですが、時代も時代、毎日のように子どもを見ているお母さんお父さんは大変です。文化施設は子どもが騒ぐと迷惑だから行けないし、雨だと移動するのも一苦労。

そこで今回はいろいろな賛否があるかと思いますが、子育て目線で印西市内とその周辺で雨の日に遊べるスポットを調査しました。
子育てしやすい印西市。なかなかの充実ぶりですよ。

無料で遊ばせられるおすすめ屋内スポット

総合福祉センター

総合福祉センター穴場中の穴場ですが土日もやっていて夕方17時まで自由に出入りできる印西市の総合福祉センター。銭湯が有名ですが子どもにとってもおすすめです。
子育て専門のスタッフだけでなく、受付にいる方までフレンドリーで、みんなで子どもを見守ってくれる環境にあります。

印西市の子育て支援施設、総合福祉センター

0歳児~小さなお子さん向けの部屋

広めの部屋には遊具がいっぱい。スタッフさんがいてくれるので安心です。
なんと電子レンジも備え付けられていて子どものタイムスケジュールに合わせてお弁当を食べることも可能。

小学生向けの部屋

こちらはボール遊びなどができる部屋です。雨の日は地元の小学生たちが夕方まで遊んでいる姿も見かけます。

おもちゃの図書館・おもちゃの病院

月に1回、第3金曜日の10:30~12:00まで、寄付されたりいらなくなったおもちゃが集められたおもちゃの図書館が開かれています。おもちゃを無料で貸し出してくれるのでちょっとした楽しみになるかも。
また、おもちゃの病院では大切なおもちゃが壊れてしまった場合に相談・修理をしてくれます。

印西市の子育て支援施設、総合福祉センター

広くて安全な施設内

総合福祉センターの良い所は、なんといっても廊下やエントランス広場の広さ。カーペットが敷いてあり、床もコンクリートではないため転んでも安心。
廊下には1歳児~2歳児が座れるイスやテーブルもあります。

イベントがいっぱい

どの児童館でも開催されていますが、総合福祉センターでも子ども向けのイベントがたくさん開催されています。もちろん参加は無料。広いホールを使用しているので、より大きめのイベント体験ができるかも。

駐車場にゆとりがある

なんとなくメリットとして書いていいものやら。児童館などの駐車場は狭くて台数が限られているので、どうしても満車だったり出し入れが大変だったり…。でも総合福祉センターは駐車場が広いので安心です。

総合福祉センター
おすすめ年齢:0歳児~小学生
利用料金:無料
開館時間:平日・土・日 ~17時
授乳部屋:あり
電子レンジ:あり
専属スタッフ:あり
最寄り駅:JR木下駅

本埜ファミリア館

図書館と併設で裏側にスーパーがあり、さらには小児科が近く隣が公園という最高の立地を誇る施設です。

広い子育てルーム

印西市内屈指の広さを誇る子育てルームは、0歳児でも遊べるスペースと歩いて遊べる子向けのスペースで区切られています。遊具の数はその辺の遊具施設顔負けの数。床はジョイントマットが敷かれていて安心。

図書館併設

遊具に飽きたら外に出る必要も無く図書館へ。好きな本を借りて、廊下奥のスペースで読んでも良いし、帰りがけのきっかけとして図書館に寄っても良いですよね。

スーパーが近い

図書館に続いて歩いてお買物ができてしまいます。裏側にフォレストモールというショッピングモールがあります。

日曜日もやっている

これは大きいですね。あらゆる公共施設が日曜日はお休みの中で、こちらは開館しています。

本埜ファミリア館
おすすめ年齢:0歳児~3歳くらい
利用料金:無料
開館時間:平日・土・日 ~17時
授乳部屋:あり
電子レンジ:あり
専属スタッフ:あり
最寄り駅:北総線印西牧の原駅

小林子育て支援センター

こちらも子育て支援センターです。中が広々としているので多少の時間をつぶすことができます。日や時間帯によってはここでお世話になる学童の子どもたちも優しく声を掛けてくれます。

専用施設

学童の教室も備え付けられているのですが、こちらは施設全体が子育て専用の作りになっているため、子どもたちを安心して遊ばせられます。
中には小さな滑り台もあり、水槽ではお魚を飼っているので、身近に目新しいものを感じることができると思います。
ニュータウンとはまた違ったほのぼのとした雰囲気が人気で、気分転換に来られる方も多いですよ。

子育ての専門家

日によっては子育てに関する専門の知識を持った方がいらっしゃることがります。

小林子育て支援センター
おすすめ年齢:0歳児~2歳くらい
利用料金:無料
開館時間:~17時
授乳部屋:なし
電子レンジ:なし
専属スタッフ:あり
最寄り駅:JR成田線小林駅

牧の原モア

商業施設となるためご紹介には複雑な思いがありますが、ぜひ足を運んでみてくださいね。

アーケード型のショッピングモール

買い物がメインとなるかと思いますが、こちらは雨の日も安心の屋根付きアーケードモールです。室内ではないため風が吹き込んできて冬は寒いですが、子どもたちとお買物して気軽に遊ばせられる施設は十分。

無料の屋内遊具スペース

牧の原モアには無料でいいの!?というような屋内児童向けスペースがあります。広さはさほどありませんがボールプールのような遊具があったり、おままごと遊具があります。
床面はクッションマットなので安心。動き回る子にはちょっと物足りないかも。

有料遊具スペース

商業施設として有料のあそばせられるスペースがありますが、そのお値段が安い!親御さん同伴だと親御さんの料金も1人分として取られてしまうのが普通ですが、こちらはその点少しだけお安くなっています。

買い物ついでに

牧の原モアは大きなショッピングモールです。子どもを連れているとどうしても思うように買い物がはかどらない方も多いと思いますが、夫婦や家族でくれば別々に子どもを見ながらお買い物ができますね。

習い事教室

牧の原モアには習い事教室もあります。駅にも近いのでとても便利。

牧の原モア
おすすめ年齢:0歳児~3歳くらい
利用料金:無料・有料
開館時間:お店の閉店による
授乳部屋:なし
電子レンジ:なし
専属スタッフ:なし
最寄り駅:北総線印西牧の原駅

有料だけどおすすめのスポット

牛久自然観察の森「木育広場」

突然市を離れて他県に行ってしまいましたが、木下駅から車で20分ほど、中央駅からも30分ほどのところにある木で学び遊べる屋内施設があります。

屋内は木のおもちゃがいっぱい

有料スペースはお金を払っても満足できるほど充実した木の遊具に溢れています。
音の鳴るもの、汽車、木のプール?、小さな家、木のキッチンでおままごとなど、子どもたちには普段なかなか知ることのできない木の質感や重み、匂いなども学べます。

生き物に出会える

エントランスを入ると無料スペースに水槽があり、川や沼に生息する生き物が泳いでいます。時期によってはかぶとむしやすずむしなどの虫たちの展示も行われています。

昼食持ち込みOK

お昼ご飯を食べられるスペースがあります。ただ、どちらかと言えば休憩スペースや読書スペースといったところ。そんなに広くはありません。

牛久自然観察の森
おすすめ年齢:0歳児~小学生くらい
利用料金:安い (各施設変動があるので安い・普通・高めで紹介)
開館時間:~17時
授乳部屋:なし
電子レンジ:なし
専属スタッフ:あり

ふなばしアンデルセン公園

有名になったアンデルセン公園にも屋内施設があります。

屋内遊具スペース

広い屋内遊具スペースがあります。中には大きな滑り台もあり、さすがアンデルセン公園。ですが、雨の日はここを目指してくる人も多いため、ちょっと混雑しているかもしれません。

年間パスポートならお得

アンデルセン公園の年間パスポートはとても安いです。来園の時は車の場合は駐車場代だけで入園できます。冬季は駐車場代も少し安くなります。

学べる施設いっぱい

ふなばしアンデルセン公園の良い所は、絵画や文化的技術などを学ぶワークショップがある所です。小さなお子さんだと少し早いですが、施設内には図書館もあり絵本を読むこともできます。

ふなばしアンデルセン公園
おすすめ年齢:歩き始め~大人
利用料金:普通 (各施設変動があるので安い・普通・高めで紹介)
開館時間:~17時
授乳部屋:あり
電子レンジ:なし
専属スタッフ:なし
最寄り駅:北総線小室駅

BIGHOPガーデンモール印西

お待たせしました。子どもと言ったら最後の砦。ビッグホップです。市民なら説明不要でしょう。
個人的にBIGHOPガーデンモール自体のパスポートでもないかなぁなんて思いました。施設利用がパスで自由に出入りできれば、BIGHOP自体がリゾートパークですね。

ファンタジーキッズリゾート

日本最大級の屋内遊具施設とも言われるファンタジーキッズリゾートの印西店。バギーや砂場、コスプレ撮影会もできる子どものためのリゾート。想像できる遊びなんでも楽しめちゃう施設です。

Moff アニマルワールド

印西市内にも動物園があります。それも全屋内型。しかもほとんどがふれあい型です。こんなに手軽に実際の動物を見て触れることができる貴重な施設です。

イオンモール

こちらも説明いらずですね。千葉ニュータウン店は端から長い距離を歩くようになっているので、歩けるお子さんやカートに乗れるおこさんにも安心して買い物と抱き合わせで楽しめます。いろいろなお店を見たり、お買物のルールを知ったりと、日常を安心して学べる場でもありますよね。(そんなことに活用するように促してしまいすみません。)

無料のスペース

そんなイオンにも無料スペースがあります。場所はイオンモール3階のイオンホール前とイオン棟3階の授乳室おむつ替えスペース前。こちらは0歳~1歳くらい向けで、ハイハイができるかできないかくらいが対象。

有料の遊具スペース

こちらもおすすめが2か所あります。イオン棟3階のゲームセンター奥は他の遊具施設とはまた違った趣のある楽しそうな空間です。イオンモール側にはチェーン展開するアドベンチャー的な施設があります。

さて、まだまだご紹介が足りない事項や施設がありますので、徐々に付け足していきますね。

このページの情報は2019年1月現在です。情報は常に変動していますのでご注意のうえ、この勝手な特集をおゆるしください。