印西の公園

小林牧場 (Kobayashi Ranch)

小林牧場の桜並木
小林牧場の桜並木
小林牧場の放牧場
小林牧場の放牧場

previous arrow
next arrow
Shadow
Slider
正式名称:大井競馬小林牧場

東京の大井競馬場直営の施設 (馬の養成や調教場)があり、春には牧場入り口から奥のロータリーまで、満開の桜のトンネルを楽しめる広域花見スポットになっています。お花見の季節にはたくさんの露店や屋台が桜並木の横に並びますよ。
房総の魅力500選の1つ。いんざい八景にも選ばれています。
また、放牧場も見ることができ、以前はキャンプ場もありました。
印西牧の原駅、小林駅からも徒歩で行けば、約30分~45分とちょっとしたウォーキングになります。
牧場内の道路は一般にも開かれていて、自由に通ることができます。運が良ければ?お馬さんの横断を目撃できるかも。
小林牧場周辺では黄色い馬の絵が描かれた大型バスを見ることがあるのですが、その中には競走馬が乗って移動していることもあるので、温かく見守ってあげてくださいね。

This is one of the most famous Cherry-blossom viewing spot in Inzai. There are about 350 cherry-blossom trees on the main street. This ranch is the place for horses by Ohi Racecourse in Tokyo.

小林牧場のパークマップ
パークガイド 桜並木約350本 (並木道約700m)、その他奥にも桜並木が広がります。
芝生広場、放牧場
練習場場、追馬場、公衆トイレ
【お花見】
レジャーシートを敷いてお花見ができる場所は、公園内の大通り横のスペースと奥のロータリー脇を奥に入った所が広くてお勧めですよ。
【施設】
厩舎 11棟 (268棟)、厩務員住宅2棟、管理事務所
及び関係者宿舎18棟
練習馬場一周 1,100m
トレーニングゾーン 400m (勾配3%)
出張馬用厩舎 24馬房
桜の種類 ソメイヨシノ・山桜・八重桜・シダレ桜
敷地面積 約487,282㎡
アクセス ◆最寄駅
JR成田線「小林駅」または北総線「印西牧の原駅」下車
(共に徒歩30分~45分、バス10分)
◆バス
ふれあいバス東ルート「小林牧場」で下車
◆車
国道464号線または356号線から、千葉臼井印西線の県道64号線(65号延長線)沿い
住所 千葉県印西市小林2886
休園日
入場料 無料
駐車場 近隣の臨時駐車場または公園内
※お花見期間…土日は渋滞で車で立ち入ることがほぼ不可能なため、バスや近辺の臨時駐車場の利用をお勧めします。
平日の方がゆっくりできますのでお勧めです。
近隣施設 コンビニ (木下方面と印旛方面)…牧場から徒歩5~10分
お問い合わせ 印西市産業振興課 0476-42-5111
施設管理 東京競馬場株式会社

小林牧場のお花見

開花時期

お花見の時期はその年の気候にもよりますが、都心の桜開花宣言から5日~7日ほど遅れた時期から1週間がオススメです。

開花時の状況

満開が予想された日は連日露店や飲食店が出店して多くの人で賑わいます。車は桜並木の道路に路駐される方も多いのですが、平日でも満車の時が多いため、可能であれば公共交通機関を使ってこられた方が良いかもしれませんね。

注意

・桜並木は歩行者天国ではないため、一般車も通過しますのでご注意ください。
・小林牧場のご厚意により路駐できる場所が設けられていますが、案内に従って路駐禁止のところは車の駐車をしないようにしましょう。
・小林牧場周辺の道路はかなり混雑します。通過するだけの場合は迂回したほうが早いこともありますので、なるべくお花見時期 (特に土日)は小林牧場前を通ることは避けましょう。

沿道だけではない魅力

700mの桜並木は圧巻ですが、それだけではありません。小林牧場の奥の方も散策してみたください。
中の方にも八重桜など違った桜が咲いています。
また、夏にはこの景色は一面緑に変わります。放牧場も趣きがあって良いですよ。

 

写真館 小林牧場のお花見エリア 小林牧場のお花見時期の露店 小林牧場の夜桜の夜景 夏の小林牧場の放牧場 小林牧場のキャンプ場付近 小林牧場のキャンプ場付近

小林牧場は観光牧場ではありません。また、みなさんが想像するほのぼのとした牛さんやひつじさんの牧場とも異なります。以前は校外学習で印西の小学生たちのキャンプ場などとしても利用されていましたが、どちらかと言えば純粋な競走馬の養成所となっています。管轄は印西市ではなく、大井競馬となります。
印西市民としては商業化、観光牧場化されて、ポニー乗馬やキャンプなどもできてもいいのになぁと思いますが、ストイックに訓練され、養生されるお馬さんたちにとっての施設なので、この辺もご理解しながらお花見に行くと、また違った趣を感じるかもしれませんね。