印西の観光スポット

水の郷いんざいぶらり川めぐり

印西水の郷ぶらり川めぐり
印西水の郷ぶらり川めぐり
印西水の郷ぶらり川めぐり
印西ぶらり川めぐり

previous arrow
next arrow

Shadow
Slider

NPO法人いんざい水の郷ネットワークが、水辺を生かした街づくり「木下地域活性化」一環として主催する「ぶらり川めぐり」。
手賀沼の下流域「弁天川 (べんてんがわ)」「六軒川 (ろっけんがわ)」「手賀川 (てががわ)」をのんびり遊覧船で周遊します♪
住宅地を抜け、成田線の鉄橋をくぐると田園地帯の中でコブハクチョウやカワセミ、オオバン、シラサギ、アオサギなどの水鳥が水辺を飛び交う姿を眺めることができます。
四季折々の風景を水上から眺めるのは、本当に癒されます。木下駅周辺は水の流れが豊かで、町並みも情緒に溢れています。この風情をゆったりと味わうことのできるイベントです。ぜひ一度体験してみてはいかがでしょうか。新しい舟も増え、コースも増えました。天気の良い日にのんびりと水上散歩もたまにはいいものですね。

水の郷いんざいぶらり川めぐり ~Details~
運航期間
Operation season
4月上旬~11月下旬
貸し切りは期間以外も相談に応じます
April to November.
運航日
Operation day
おおよそ第1土曜日・第1日曜日、第3土曜日・第3日曜日
1st and 3rd Saturday and Sunday every month
運航時間
Time
午前…10:00・11:00
午後…13:00・14:00・15:00
10am/11am/1:00pm/2pm/3pm
乗船場所
Starting Point
JR成田線木下駅北口 中央公民館の裏発着所
JR-Narita Line KIOROSHI Station North
Central community center (Behind a Red building)
発着所への行き方■電車
1. JR成田線木下駅北口を出る
2. 正面の信号を左に約10m進み、T字路を右へ約100m、徒歩約2分。
3. 赤色の六幸橋を越えたら中央公民館の裏にあります。
■バス
千葉レインボーバスは「木下駅」下車。
ふれあいバスは「木下駅南口」「中央公民館」下車。
■車
国道356号、千葉竜ヶ崎線、利根水郷ラインから木下駅北口方面へ。赤レンガ調の建物「中央公民館」に駐車場あり。
運航コース
Course
弁天川・手賀川などを船で周遊します
※ご希望により、食事も付けられます
■60分コース 定員13人 (船頭含む)
手賀川・発作の田園風景も楽しめるコース
60-minutes Plan
■手賀沼コース 1隻の定員12人
船を貸切り手賀沼へ行くコース(2隻まで)
Charter(It goes to Tega lake)
利用方法
reservation
完全事前予約制
印西市観光情報館にて予約。
電話 0476-45-5300
またはイオンモール千葉ニュータウン内印西市観光情報館で予約
Please call 0476-45-5300 (Inzai Travel center)
料金
Fee
60分コース
60-minutes
大人1人
1,000円
1Adult ¥1,000
小学生1人
600円
1Child ¥600
貸し切り
Charter
1隻11人まで1時間 10,000円
Up to 11 persons ¥10,000

※小学生未満は無料
※Under 5 years old:FREE

来客数年間約800人 (2006年)
駐車場
Parking
中央公民館など市営駐車場 (無料)
注意
Caution
天候によっては当日運行中止になる事があります。
連絡先
Contact
【予約・お問い合わせ】
◆印西市観光情報館
TEL 0476-45-5300
◆NPO法人いんざい水の郷ネットワーク事務局
NPO法人いんざい水の郷ネットワーク事務局 外部LINK
TEL 0476-42-7530
主催
後援
NPO法人いんざい水の郷ネットワーク
印西市観光協会

開催場所とお散歩マップ

印西市木下の地図

印西ぶらり川めぐり乗船レポート

こんにちは。
ぶらり川めぐり、印西市内ではあちこちで案内を見るけれど実際どうなの?
ということで乗ってきました。

船着き場

木下駅北口から徒歩5分ほど、赤レンガ調の建物「中央公民館」の裏に船着き場があります。

印西ぶらり川めぐり船着き場

余談ですがぜひ中央公民館にも上ってみてくださいね!川付近から見下ろす風景もなかなか風情があって良いですよ。

印西中央公民館から利根川

救命胴衣

何かあった時のために乗船にあたっては必ず救命胴衣を着ます。

いんざいぷらり川巡り

それでは出発!

印西ぶらり川めぐり船着き場

弁天川と六軒の街並み

はじめに進む細い川は弁天川。いくつかの橋をくぐり、六軒の街を下から眺めます。

木下六軒の弁天川

ちなみに乗船した時に流れていた川は六軒川。六軒川はちょっとだけ川幅が広い。この間ずっと船頭さんが木下の歴史を語ってくれます。地元印西市民でも知らなかったことがポンポン出てくるので、「へぇ~、ほぉ~」の連続。

手賀川

成田線の橋梁を抜けると一気に視界が開け、田園風景が広がります。それにしても空も川も広い!

ぶらり川巡り手賀川の風景

日本のどの地域に住んでいた人もこの広い地平線のような田園風景には驚かされるでしょう。
そして六軒川と合流すると手賀川になります。車で通るよりも川幅がずっと広くてちょっと怖いくらい。

印西ぶらり川めぐり

周辺に注意してみると水がきれいな場所に住むカワセミや、田園風景には欠かせないシラサギ、水辺では大きな魚がジャッポンと跳ねる。
船頭さんもいろいろと紹介してくれます。

千葉ニュータウン中央の景色

亀成付近からは向こうの方に千葉ニュータウン中央の景色が見えます。

印西ぶらり川巡り

この自然の中ににょきにょきと出てくる高層ビルのミスマッチが印西らしい。
こうしてのんびり乗っているとなんだか自然の中で風を浴びながら癒されていく自分に気づきます。

もうひとつの白鳥の郷

手賀沼にはコブハクチョウが定住しています。

手賀川の白鳥コブハクチョウ

コブハクチョウは本埜のオオハクチョウとは違い、渡り鳥として飛んで行きません。
そしてここに住む多くの白鳥が印西出身なのです。
実はコハクチョウやオオハクチョウよりコブハクチョウの方が大きいんですよ。
見ごたえも十分。運が良ければ小さな子どもたちにも会えるかも。

コブハクチョウ 手賀沼

産直市場とフリーマーケット

国道356号線沿いの川の停車場では、毎月第3土曜日に産直軽トラ市場&フリーマーケットが開かれています。地元の新鮮な野菜や雑貨などが売られている川辺の市場です。
※この日は開催日ではありませんでした。

軽トラ市場&フリーマーケット 手賀川

開催日:毎月第3土曜日
開催時間:10:00~14:00

周辺の飲食店

もし午前中の乗舟でお料理を頼まなかった場合、せっかくだからチェーン店ではない地元のお店でご飯を食べてはいかが?
木下周辺の飲食店を紹介しますね。

近所の飲食店:
駅北口:洋食定食喫茶店カペー(日曜日休)、沖縄料理やんばる2、弥生寿司、つくも寿司、町家古民家カフェむさしや、そば処柏屋、川魚料理銚子屋など
駅南口:国道356号にファミリーレストラン系、木下駅南口イタリアン料理kuro、コネルパン屋、ラパンパン屋、焼き肉京城苑、旬香、雅など
近所の名店:
駅北口:川村商店(木下煎餅)、岩崎せんべい(木下煎餅)、酒店酒乃なべだな、久七団子など
駅南口:ピットインサンキュー(千葉土産店)、ケーキ屋アップル、洋菓子モワンシェール、鮮魚大浩水産など
銀行:木下駅北口千葉信用金庫、京葉銀行、千葉銀行、駅南口郵便局
近所の食品取扱スーパー:ランドローム、くすりの福太郎、ファミリーマート、BIG-A