印西の歴史

「木下河岸 (きおろしがし)」いんざいの昔話タイムトリップ-印西のよもやま物語-

木下の風景

木下河岸 (きおろしがし)

そろい揃った診療所、いくつもある美容室や歯科医、獣医、近所に2つの自動車教習所、酒屋、せんべい屋、魚屋、菓子屋、歩いていける距離に生活に欠かせないものがつまった街。
なんでこんな田舎にそんなにあるのか不思議。
そうなんです。
木下は江戸時代「利根川水郷」の宿場町として栄えた所。
北は「龍ヶ崎」、南に「佐倉」、東は「佐原」、西に「松戸」と、その拠点とともに歩んだ街です。

木下河岸の中心地

木下河岸の中心は木下駅周辺ではなく、現在「銚子屋」という老舗旅館がある場所です。
汽車が走る時代が訪れ、駅を設置するにあたり当時の候補地はその近くのエリア。ところが当時その地域は活況で駅の設置に反発があったため、現在の駅がある場所へと移されました。
現在の木下駅の場所は当時は何もないような場所だったと言います。

千葉県有数の宿場町

かつては千葉県の中では船橋と同じくらい栄えていたというのですから驚きですね。
交通手段の変化とともにその衰退は避けられなかったのか、それでも昭和期には小さな映画館が2つもありました。昭和後期には駅前にはバスが往来するバスターミナルが立地し、早朝には朝市場が開かれていました。

成田線の歴史はなんと120年以上。今だからこそ歴史情緒あり、自然あり、便利さありと、その魅力は消えません。「隠れ住みやすい地区」ですね。
ニュータウンに暮らしている立場から見ると郷土風情のあるちょっと憧れの下町で、雰囲気は戸建て中心の街ならでは。街の人たちが挨拶をし、声をかけ合う姿が見られます。子どもを連れていると地元のおばあちゃんがお菓子をくれることもしばしば。
この街の魅力は知れば知るほど奥が深く、これからの変化に期待したいですね。
いや我々が作っていくのですね。

利根川も手賀沼も姿が違っていた?

当時の利根川と手賀沼の姿は今とは大きく異なります。利根川は木下に向かってカーブしているのですが、ここから船舶が停泊できるように内陸にも人工河川を通していたようです。いわゆる川の港ですね。
手賀沼は今よりも大きく、明治時代や大正時代にはもっと木下側 (我孫子市布佐方面)にも大きく広がっていました。現在は手賀川としてその名残を残すも、どちらかと言えば干拓されてしまってかつての形の面影はありません。

昭和の中期ごろまで手賀沼や利根川で子どもたちが泳いで遊んでいたほどだったと言われています。

ナウマン教授
ナウマン教授
かつては船橋と並ぶ賑やかな街だったということは、木下街道という名前の道路があることからもうかがえるのう。
これは市川市の中心部まで続く道路じゃが、江戸川と利根川を結ぶ主要街道だったんじゃ。
中山競馬場も木下街道沿いにあるから、木下街道の名前は千葉の北西部では意外と知られているんじゃよ。