印西の歴史

「小林駅物語」いんざいの昔話タイムトリップ-印西のよもやま物語-

昔のJR小林駅

小林駅 (こばやし駅)

昔のJR小林駅駅舎

開業

1901年8月 (明治34年)。
木下駅の後にできた駅で、やはり当時はまだ利根川水運が盛ん。周辺の水辺の景色も今とは異なっていたようです。自動車もまだ庶民には手に入らない時代です。
旧駅舎はまるで牧場にあるような建物。かわいらしい白基調におしゃれな窓が付いた外観でした。

計画駅の位置

木下駅同様、当初は小林新田 (旧本埜村)付近に設置される予定でした。現在の将監川付近。当時は利根川のすぐ近くというイメージでしょうか。
地元の反対があって苦戦。一方で、設置運動によって現在の位置に明治34年8月10日に開業しました。

成田線屈指の行商の街

小林駅も他の印西市内の駅同様、設置当時は家もあまり建っていませんでしたが、関東大震災頃の時代背景から行商の街として賑わってきたのです。
当時、朝市場や組合の規模は成田線沿線では最大で最も賑わっていたようです。
その朝市の名残を最後まで見ることができたのがここ、小林駅です。

旧JR小林駅駅舎
ナウマン教授
ナウマン教授
写真は2005年じゃ。北口駅前にはタクシーがたくさん待機しておるのぅ。商業の街として栄えた木下と印西牧や農業の歴史を歩んで賑わった小林の関係も興味深いものじゃ。

成田線の起点は佐倉駅

地元の人に愛されている印象が強い成田線。
少し話が脱線しますが、成田線は別称「我孫子線 (支線)」とも呼ばれています。
現在は成田線は常磐快速線に乗り入れて上野・品川方面に向かっていますが、そう昔でもない頃は成田からそのまま千葉方面に向かっていました。
車両は今のようなエメラルドグリーンの通勤タイプではなく、横須賀色 (青とクリーム)のボックスシート。車内に灰皿が備え付けられていて、まだ扇風機が回っていたころです。

小林駅看板

そして佐倉起点ということから我孫子方面が下り電車。佐倉方面が上り電車となっていたようです。
時代の変化は記憶すら変えてしまうほど急速に進み、鉄道を軸とする東京中心の波が押し寄せました。
常磐線沿線には昭和40年ころに百貨店が並び、複々線化。成田線の乗客需要は我孫子方面にシフト。どちらが先か・・・成田線 (我孫子線)は常磐線へ直通する電車となったのです。

そしてもうひとつ。
常磐快速線はJR東京支社の管轄 (山手線と東京23区内・千葉県内の常磐線と南流山駅のみ)になります。ですからJR千葉支社が発行する千葉の観光情報に常磐線は紹介されていません。我孫子線は千葉支社の管轄ですのでこの運行形態も特殊ですよね。

新駅舎

木下駅と同じく100年の時を生きてきた小林駅。
バリアフリー義務化の流れもあり、小林駅は建て替えという道に進みました。

新しくなったJR小林駅駅舎

昔の小林駅を知っているだけに新しくできたこの近未来的なデザインは衝撃的ですね。
そういえば気づきましたか?
旧駅舎の入口にあった「小林駅」という表札。新駅舎にも残されているようですね。ぜひ探してみてくださいね。

JR小林駅の看板サイン

しかしこれからまた長い歴史を刻みながら時代の変化とともに歩んでいって欲しいですよね。

そうそう、木下駅と同様に橋上駅ならではの風景を見ることができます。

小林駅から筑波山を臨む

木下駅からは富士山が見え、小林駅からはダイナミックにそびえる筑波山を臨むことができます。