印西うんちく

千葉県北西部民の方言や言葉・ローカル用語辞典

千葉県に引っ越してきたけど、千葉県の事が何にもわからない。
あの人の言っていることがわからない。
他県の人に千葉のことを聞かれたけど、海とかディズニーしか話題がない。

そんな人のために、千葉ならではの言葉や方言を集めてみました。

これらは私が実際に身近に触れ合ったものだけに限りますので、他にもいろいろあるかと思いますが、ちょっとしたきっかけとして見ていただければと思います。

こんな人におすすめ

・千葉をもっと知りたい。
・千葉の言葉を知りたい。
・千葉の地元民の言っている言葉がわからない。
・他の県の人に千葉の事を伝える話題を持っておきたい。

千葉県ローカル用語

チーバくん

チーバくんの公式ページスキャンチーバくんの公式ページ

チーバくんは千葉県のマスコットキャラクターです。

横向きが千葉県の形をしていています。
くそ、かわいいぜ、という完成度の高い王道を行くキャラクター。

印西市はちょうど目のあたりになります。
鼻は野田市。
ベロは浦安市。
口は市川市・船橋市。
耳は銚子市・旭市・匝瑳市。
おへそは富津市。
おしりが鴨川市。
手は外房エリア。
足は館山市・南房総市。

でも、「チーバくんのどこどこのあたりに住んでいるよ。」というのは千葉県民以外の人には通じない可能性があるので、なるべくうちわで楽しみましょう。

チーバくん

千葉県に住む不思議ないきもの。
好奇心旺盛でいろいろなことに挑戦するのが大好き。
未知のものに立ち向かうときほど勇気と情熱がわき、からだが赤く輝く。
食いしん坊でいたずら好きな面も。
公式ページ:チーバくんの広場

ちば犬(ちばけん)

ちば犬の公式ページスキャン

ちば環境再生基金のマスコットキャラクターです。

出ました。
パンチの効いたゆるキャラ。
見れば見るほど味のあるかわいさ。

千葉はマスコットや生身の人間でもクセの強い変わり種が多いですよね。
この黄色くてジワる様相のキャラは、古くからの千葉の土着なら知っているはず。

こちらはチーバくんが誕生する前に世間に顔を出していたマスコットキャラクターです。
実は千葉県の公式ページにも紹介されるように千葉県も認める公式公認キャラなのです。
つまりチーバくんが誕生する前は千葉の代表として表に出ていたのですね。

ちば犬日記というブログもあるのですが、なんと2019年4月の1日分しか更新されていないというテキトーさが良いです。

ちば犬

2002年千葉県生まれ
好きな花 :菜の花
得意なこと:県民のやさしい気持ちを応援すること
苦手なこと:顔を横に向けること
夢    :千葉県が日本一のエコ県になること
公式ページ:ちば環境再生基金

なのはな体操

千葉県のオリジナル体操です。

こちらは千葉県育ちならみんな知っている体操。

てってれって~♪てれれて~♪

とバブリー時代を思わせるテクノな音響が耳に残る健康体操です。
なんと私はラジオ体操を押しのけ、なのはな体操をひたすらやっていた世代でした。
今でもちょっと踊れます。

海側・山側

場所を指すときの口語です。

これは千葉県といっても北総地域などの内陸ではあまりなじみのない言葉ですが、房総半島多くの地域でわりと普通に使われる言葉です。

海側はそのまま海側を指しますが、山側は内陸部を指します。
なんとか海岸とかなんとか山のような、これといった場所ではなく話題になった場所の位置確認です。
線路や国道を挟んで海側山側など表現します。

例)うちは幕張の山側だからイオンよりヨーカドーの方が近いんだ。

東葛(とうかつ)

千葉県北西部全域の郡の総称の略称です。

東葛飾群 (ひがしかつしかぐん) を略して東葛と呼びます。

東葛は松戸市・柏市をはじめ、正式には浦安市・市川市・船橋市も東葛です。
生活圏が異なるため東京湾方面は葛南 (かつなん) と言われることもあります。
南葛 (なんかつ) でも良い気がしますが。

ちなみに千葉県北西部でも白井市・印西市は印旛郡です。

ショウナン

柏市の地名です。

千葉のショウナンと言えばここ。
沼南 (しょうなん) です。

沼南は柏市の南東部。印西市に隣接する地域です。
かつては沼南町という町名でした。
どのへんかな~といイメージでいうと、セブンパークアリオ柏があるあたりから松山下公園の手前までです。
印西市民は「家からShownanまで車で10分だよ。」って言ってみましょう。

あおなじみ

打ち身でできるあおたんとか、あおあざのことを「あおなじみ」と言います。

千葉県民だけなのかわかりませんが、私は普通に言っていました。
いやそれ以外の言葉で言ったことありません。
千葉県民にとっての衝撃的なローカル用語の代表です。

今では同じ千葉県の人に「あおなじみ」と普通に言って「は?何それ。」っと返ってくる時代がやってきました。

オランダ家

千葉県の銘菓子店です。

千葉なのにオランダ家。
千葉県の得意技、どこかのブランド地名に乗っかるパターンです。
名前だけだと想像もつかないこのお店はなんと「千葉房総郷土菓子・洋菓子・和菓子のオランダ家」というコンセプト。本当に千葉ローカルの名店です。

オランダ大使館から屋号使用の許可をもらっている正真正銘の千葉を愛する本気の菓子店です。

せんひき

定規のことです。

え?千葉県以外の人は「せんひき」って言わないんですか?

難読地名

千葉県北西部にも難読地名がたくさんあります。
みなさんは読めますか?

わりと読める地名

上の方は順にわりと日常会話で普通に出てくる地名です。
多くは駅名になっていますので、せっかくですから覚えてしまいましょう。

我孫子 (あびこ)
酒々井 (しすい)
八街 (やちまた)
四街道 (よつかいどう)
本八幡 (もとやわた)
実籾 (みもみ)
真間 (まま)
船橋法典 (ふなばしほうてん)
二俣新町 (ふたまたしんまち)
木下街道 (きおろしかいどう)

ちょっと難易度の高い地名

ここからは通ったり関わった人でないと難しいかもしれない地名です。

六実 (むつみ)
逆井 (さかさい)
猫実 (ねこざね)
鰭ヶ崎 (ひれがさき)
二和向台 (ふたわむこうだい)
飯山満 (はさま)
犢橋 (こてはし)
安食 (あじき)
下総松崎 (しもうさまんざき)

方言

千葉弁というと語弊を生む言い方ですが、千葉ならではの言葉や方言があります。

ひっちゃかめっちゃか

しっちゃかめっちゃかの千葉弁だそうです。

知りませんでした。
ずっと「ひ」で使っていました・・。

じゅんぐりに

「順番に」の千葉弁だそうです。

あ~これも昔使ったなぁ~と懐かしく思う言葉。
今こう言われても意味は普通にわかります。

・・・と、いろいろ調べてみるとまだまだたくさんあるようです。
半分が東京土着の血筋で半分が千葉土着の血筋の私だと、日常で使ったことがあるものはこれだけです。つまらない・・。
そして私が住む印西市の当時は都内からの移住者が多かったため、あまり深く多くは聞けなかった環境かも。

でも学生時代に多くはないけれど普通に聞いていた方言もあります。
それがこれ。

~だべ・~だっぺ

語尾につける。「だよね。でしょ。だろ。」みたいな感じ。

私に関わりの深かった地域ではほぼこれを耳にしていました。
これは神奈川県の海沿いをはじめとする横浜弁だと思っていたんですけれど、千葉県北西部でも普通に使います。

ちょっとニュアンスが細かいのですが、「行くべ」みたいな「~べ」とはまた違う感じですので、そこんとこ注意です。

私は聞き慣れた言葉なのですが、神奈川・千葉以外の人は使うことはないのでしょうか。

例)だっぺ~?

イントネーションは東京と同じ

千葉県北西部は単語のイントネーションは東京とほぼ同じです。

というのは私の環境下だけかもしれませんけれど。
最近はイントネーションが違う場合も多く耳にして、しかもそっちが多数派だったりするとちょっと困惑してしまいます。
東京のイントネーションはわりと抑揚が無く真っ平に発する場合が多い気がしますが、それをばかにされたこともありました。

というわけで、いろいろな人が集まると話題も盛り上がるのですが、あまりネタがない千葉県。
少しだけ千葉県に愛着が湧いたら、使ってみてはいかがでしょう。

まずは「あおなじみ」から。